審美歯科

ただ白いだけではないあなたにあった審美治療を

審美歯科はただ歯を白くするだけではありません。誤解を恐れず言わせていただくと“ただ白い歯にするだけ”なのであれば誰にでもできるのです。
私達が目指すのは『患者さまにとって美しい歯である』こと。この一点に尽きると思っています。患者さまによって歯の色は同じではありませんし、当然ですが口の中の環境も様々です。極端な話ではありますが1本だけ白い歯があってもただただ浮いてしまうだけでしょう。もちろん美しいだけではなく機能性にも優れた治療でなくてはなりません。歯は飾りではなく使うものであるという大前提から外れることはいたしません。
私たちはただ白い歯を入れるのではなく患者さま一人ひとりに合わせた完全なオーダーメイドの審美歯科にこだわりと信念を持って治療を行います。

審美歯科

クラウン(被せ物)とインレー(詰め物)について

審美歯科に使用されるクラウン(被せ物)とインレー(詰め物)には様々な種類があります。種類によって審美面や機能面などの違いがありますので治療前のカウンセリングを元に患者さまの治療内容、ご要望にあわせてご提案をさせていただきます。

オールセラミック

オールセラミック

オールセラミック(ジルコニアセラミック)は人工のダイヤモンドであるジルコニア(酸化ジルコニウム)とセラミックを組み合わせた最も審美性に長ける歯科材料です。ジルコニアをベースにすることで非常に透明度が高く、高い強度も兼ね備えています。また、金属を使用しないため、金属アレルギーの心配もなく歯茎への着色なども防ぐことができる非常に汎用性の高い素材なのです。

メタルボンド

メタルボンド

オールセラミックとは違いベースの金属にセラミックを被せたクラウンになります。
金属を使う関係上、審美面ではオールセラミックに劣りますがベースが金属であるため非常に強度が高くなります。臼歯部(奥歯)など強い力のかかる部位に使用することが多い素材となります。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは歯の表層を薄く(0.2-0.5mm程度)削りそこにセラミックの板を貼り付ける手法でホワイトニングでは白くできないほど強く変色した歯を白くする場合やすきっ歯や小さな欠けなどの軽微な歯並びを治療するために使用いたします。もちろん剥がれることが無いようしっかりと接着を行いますし歯を削る量も最小限に留めることができます。また、表層がセラミックになるため治療後の着色、変色などにも強いという特性があります。

ホワイトニング
~削らずに白く美しい歯を蘇らせたい方に~

ホワイトニングは加齢や食生活によって変色してしまった患者さまの歯を専用の漂白剤を用いて白くいたします。歯の着色は特にコーヒーやワイン、そしてタバコをよく嗜む方に多く見られ、そういった方々からご要望を受けることが多い施術法になります。
しかし漂白している関係上、徐々に色戻りが発生しますので定期的なメンテナンスが必要になることを留意しなければなりません。

ホワイトニングの種類

WEB予約

インプラント治療

安全性が高く腫れや痛みが少ない手術

インプラントは患者さんにとって非常に魅力的な治療法ですが、
反面安全性への懸念があるのも事実です。