義歯・入れ歯

歯がなくなっても快適に生活をしていただくために

歯を無くしたくない、出来る限り自分の歯で過ごしたいというのは誰しもが思う願いであるとは思います。しかしながら年齢を追うごとに歯の喪失が進む方はいまだに多く、最新の調査によると85歳以上での平均残存本数は10本程度となっています。
歯を失ってしまった時、皆様が最初に思い浮かべられるのが入れ歯(義歯)ではないでしょうか?これは保険診療の関係や旧来からある技術的な点で選ばれる方が多のです。
しかし、入れ歯自体には外れてしまう、噛みにくい、匂いが気になるといった問題があるのもまた事実です。同じ入れ歯でも作成方法やメンテナンスによって快適度は大きく異なります。入れ歯は作って終わりではありません。むしろ作ってからのメンテナンスが実は非常に重要なのです。
当医院では一人ひとりの患者さまと向き合いその方に合った入れ歯を作成いたします。また患者さまのお口の中の環境に合わせた入れ歯をお作りできるよう様々な種類もご用意させていただいております。

義歯

部分入れ歯<

部分入れ歯

残存歯がある状態で使用していただく入れ歯になります。残っている歯にバネをかけて固定するタイプが一般的でバネの種類も様々です。種類によって費用も異なりますので患者さまとカウンセリングをさせていただき患者さまに合ったタイプをご提案させていただきます。

総入れ歯

総入れ歯

上顎もしくは下顎に1本も歯が残っていない状態の際に使用していただく入れ歯になります。おそらく入れ歯と聞いて最初に思い浮かべられるのがこのタイプの入れ歯ではないかと思います。保険診療で作成させて頂く入れ歯はレジンと呼ばれる歯科用のプラスチックでできたタイプになりますが、プラスチックであるため強度面や快適性においてはやや難があることが多いです。当医院ではセラミックや一部が金属でできた強度・快適性に優れる入れ歯もご用意しておりますので現在の入れ歯にご不満がある方は一度ご相談をいただければと思います。

入れ歯、ブリッジ、インプラントのメリットとデメリット

先にお話をさせていただきました入れ歯以外の治療方法としてよく比較に出てくるのがブリッジとインプラントです。それぞれにメリットとデメリットがありますのでここではその説明をさせていただきます。

入れ歯

入れ歯

メリット

  • 作製までの時間が比較的短い
  • 保険適用が可能なため比較的安価に作製できる
  • 入院など病気がちの方でもケアしやすい。

デメリット

  • 入れ歯を支える骨や歯の影響が出やすい。
  • 数年ごとに作りかえが発生し、調整を必要とする。
  • 長期間に渡って安定したかみ合わせを維持することが難しい
  • 違和感を生じやすく発音などにも影響が出ることがある
  • 審美的な面で劣る場合が多い

ブリッジ

ブリッジ

メリット

  • 作製までの時間が比較的短い
  • 保険適用が可能なため比較的安価に作製できる
  • 入れ歯に比べかみ合わせがよく咀嚼がし易い

デメリット

  • 土台となるしっかりとした歯が両側にないと出来ない。
  • 残存歯の本数によっては対応できない。
  • 健康な歯を削らなければならない。
  • 土台にした歯に負担がかかる。
  • 歯周病になりやすい。
  • 土台となる歯が喪失する危険性が増す。

インプラント

インプラント

メリット

  • 安定したかみ合わせを長期間保つことができる。
  • 残存歯が少ないまたは全く無い場合でも対応できる
  • 健康な歯を削ったり抜く必要がない。
  • 審美的に優れている。
  • 自然の歯と同じような機能が期待できる。
  • 失った部分のアゴの骨がなくなるのを防ぐ。
  • 適切なメンテナンスを行えば長期的に維持することができる。

デメリット

  • 治療期間が長期に渡る場合がある。
  • 手術が必要なため患者さまの健康状態によっては対応できない。
  • 保険適用ができないため費用がほかと比べて高い。
WEB予約

インプラント治療

安全性が高く腫れや痛みが少ない手術

インプラントは患者さんにとって非常に魅力的な治療法ですが、
反面安全性への懸念があるのも事実です。